魔法戦士レムティアナイツ ~光の乙女たち~(Triangle) 製品版・レビュー・感想

魔法戦士レムティアナイツ ~光の乙女たち~

体験版ダウンロード&ムービー

■ストーリー
異世界ロアでクイーンティアナ率いる女神近衛団と戦い続けているメッツァーは、
ファルケやシルヴァたちを利用して得た力で有利に戦いを進めていた。
一方地上では『白薔薇』と呼ばれる組織が、ファルケ、シルヴァらとの戦いを続けていた。
ある日、地上に新たな聖涙石の反応が検知され、
メッツァーはその反応の正体を確かめるために地上へと向かった。
地上に再臨したメッツァーは聖涙石の在処を探し当てるが、
彼の目の前で、一人の少女が聖涙石を拾い上げてしまう。

「これ…あなたの落とし物ですか?」

少女の名は彩姫くるみ。
国際教導学園の学生だった。
メッツァーの中に“悪”を感じ取ったくるみは、聖涙石を渡すよう迫る彼の要求を拒否する。
メッツァーが無理矢理奪い取ろうとしたその時、聖涙石がくるみの身体に取り込まれた。
くるみは、自分の胎内から力が溢れてくるのを感じ、戦士の姿に変身する。
その聖涙石は、再び危機が迫る地上を守るため、クイーンティアナが送り届けた新たな聖涙石だった。
魔法戦士となったくるみだったが、慣れない戦いを強いられ窮地に陥るも、
シンフォニックシュガーに助けられる。

白薔薇に加わったくるみは、瑠々香、シュガー、ローズの持つ力と技術を合わせて開発された、
『LEMM』と呼ばれる多用途戦闘システムを与えられる。
くるみはティアナに与えられた聖涙石の力で変身し、LEMMの力を駆使して戦う、
地上で生まれた9番目の魔法戦士、“レムティアシータ”としてメッツァーと戦い始める。
だがメッツァーは、清純可憐なレムティアシータに性的な責めを与えて淫らに調教し、
彼が秘かに進める、ある計画のために捕らえようと画策する…
果たしてメッツァーは、新たな戦士レムティアシータや、
彼女をサポートする白薔薇のメンバーたちを○○して手に入れ、野望を達成することが出来るのか…

 Triangleの魔法戦士シリーズの総決算的なゲームです。といっても、その後も続くのですが……。ただ、発売時点での総決算であったのは間違いなく、それまでに登場したヒロイン達がたくさん出てきます。
 それでいて、今回のメインとなるヒロインがまたとても魅力的でいいのです。かわいくてスタイルがいいのはもはや前提です。その上、清楚でおしとやかで正義感が強くて、それでいてばっちり感じまくってしまうという破壊力抜群なヒロインです。

 ストーリーも総決算的な内容で、なかなか面白い出来です。単に正義のヒロイン達と戦うだけではなくて、かつての作品の主人公たちと共闘したり敵対したりと、いろいろな展開があります。

 肝心のエロシーンは、陵辱がメインです。定番の処女を奪うところから始まり、魔物を使ったり人質を使ったりと、いろいろなシチュエーションがあって、楽しませてくれます。
 絵柄がきれいで、やはりこのゲームぐらいの時期のTriangleのCGはとてもいいと思います。

 一番ツボにはまったシーンは、かなりいいと思うところはいろいろあるのですが、エロ攻撃をしながら戦うイベントのシーンでしょうか。戦わなければいけないのにエロ攻撃に感じてしまうという描写が見事です。

 難易度は普通だと思います。特に難しいところもなく、簡単すぎるということもなく、ちょうどいいバランスだと思います。

良いところ
 ヒロインがかわいい
 ヒロインの数の多さ
 シチュエーションが豊富

気になるところ
 特になし

ゲーム性  5 ★★★★★
ストーリー 5 ★★★★★
CG    5 ★★★★★
陵辱度   5 ★★★★★
異種姦度  4 ★★★★☆
触手度   3 ★★★☆☆
おすすめ度 5 ★★★★★

体験版ダウンロード&ムービー
魔法戦士レムティアナイツ ~光の乙女たち~
2018年7月2日(月) 17:00まで半額

魔法戦士レムティアナイツ ~光の乙女たち~(Triangle)
アドベンチャー
■登場キャラクター
●彩姫 くるみ/レムティアシータ (CV:水瀬沙季)
●甘樹 菜々芭/シンフォニックシュガー (CV:成瀬未亜)
●鏡島 樹/エリクシル ローズ (CV:愛媛みかん)
●霧沢 瑠々香 (CV:桃井いちご)
●雨塚 鷹佑/ファルケ
●百合瀬 莉々奈/シンフォニックリリー (CV:幸代彩里)
●セラフィ (CV:茶谷やすら)
●シルヴァ・ラドクリフ
●立花 亜梨子/エリクシル ライム (CV:未来羽)
●フィエナ (CV:川崎ハレ)
●朋衛 玲奈/エンシェル・レナ (CV:遠野そよぎ)
●ピエナ・メルキュール (CV:楠鈴音)
●クーラ (CV:夏樹遥)
●リリクス (CV:木村あやか)
●クイーンティアナ (CV:島香麗子)