FIGHTING GIRL SAKURA-R(Umai Neko) 製品版・レビュー・感想

2018年3月28日

FIGHTING GIRL SAKURA-R

 ぬるぬる動くアクションゲームです。なんといってもヒロインの子がロリ巨乳。そんな子が異種姦されちゃうなんて、とてもいいですよね。絵柄もかわいいですし。

 動きがとてもよくて、制服姿で戦うのが基本なのでパンチラがたくさん見れます。パンツを見ながら戦えるというのはいいものだ……。
 ダメージをくらいすぎると、下着姿になってしまったり、全裸になってしまったりと、ダメージ差分が充実しています。
 ただ、下着姿になってしまうと技がほとんど出せなくなってまずクリアできなくなってしまうのですが……。

 また、アニメーションにとても力を入れています。アニメーションは二種類あって、フィールド上で敵に犯されるものとゲームオーバー後の敗北後アニメーションがあります。
 敗北後のアニメーションがとてもきれいです。しかも、敵の種類ごとにアニメーションが用意されているだけではなくて、制服姿、下着姿、全裸姿と3パターンずつ用意されているという力の入れよう。中には制服やブラがずらされているものがあって、とても見ごたえがあります。
 個人的には、ツインテールのリボンがほどけている絵柄があったのがツボにはまりました。そういうのって、それだけ激しくされちゃっているという想像ができちゃいますよね。

 難点は、アクションに不慣れだと難しいかもしれないというところでしょうか。レベルの概念があってヒロインはどんどん強くなので、いつかはクリアできるようにはなっているのですが、難易度は高めだと思います。その分、わざと負ける必要はなくて、リアリティはあるのですが……。

良いところ
 なんといってもロリ巨乳!
 敵の種類の多さに差分付というアニメーションの豊富さ

悪いところ
 クリアするのが難しいかも

ゲーム性   4 ★★★★☆
ストーリー性 1 ★☆☆☆☆
CG     5 ★★★★★
陵辱度    5 ★★★★★
異種姦度   5 ★★★★★
おすすめ度  5 ★★★★★
 アクションゲームが苦痛でなければぜひ!

 

FIGHTING GIRL SAKURA-R