神楽黎明記 ~小春の章~(でぼの巣製作所) 製品版・レビュー・感想

神楽黎明記 ~小春の章~

体験版ダウンロード&ムービー

 神楽黎明記の最新作です。
 神楽シリーズといえば、巫女さんの陵辱です。
 その中でも黎明記のシリーズは、エロはそのままに、エロ以外はばっさり切り捨てたり、あるものを使いまわしたりして、価格を抑えているシリーズです。肝心のエロは充実しているので、ストーリー性がないとという人でなければおすすめです。
 ストーリーは、神社に参拝に来た人たちが妖怪にさらわれてしまいヒロインが立ち上がるというものです

 今回は小春の章ですが、ヒロインがとにかくかわいいです。ロリ巨乳で、「ふぇ」とか言っちゃうほんわか系で、ほぼ語尾に「です」をつける感じの子です。めちゃくちゃ好みです。とにかくかわいいです。

 エロシーンは、9種類の妖怪に最初と二回目以降の二パターン、計18シーンあります。
 ヒロインがよく「もうやめてください」とか「許してください」とかいうのです。それでやめてくれるわけもなく、許されるわけもなく、陵辱されてしまうのですが、そういう言葉があるとより陵辱っぽくなっていいと個人的には思います。

 一番ツボにはまったのは、おちみずという妖怪のシーンです。

 ↑これです。おちみずという妖怪は、捕まえた相手を若返らせて、力を弱くしてから陵辱するという妖怪です。形状はスライムのようなものですが、やっていることは触手ですね。
 ロリ巨乳の子を、あえてロリ体型にするという一味ひねったところが(?)ツボに入りました。そうしてからの三ケ所責め……。快楽に耐えられなくなってしまう描写もよかったですし、とても素晴らしかったです。1回目も2回目もよかったです。

 あと、パッチを入れると2シーンアニメーションになります。迫力のあるおっぱいが揺れるのは、やはりいいものです。

 ローグ型RPGで、難易度はそれなりでです。難易度は3段階から選べるので、自分にあったものを選べばそう難しくはないです。ただ、ボスは結構強くて苦戦するかもしれません。レベルを高めにしておいて、仲間の妖怪が3体いる状態でボスに挑んだ方がいいでしょう。あとは慣れもあると思うので、何回かやってみれば何とかなると思います。

良いところ
 とにかくヒロインがかわいい
 絵柄がきれい

気になるところ
 ストーリー性がない

ゲーム性  5 ★★★★★
ストーリー 1 ★☆☆☆☆
CG    5 ★★★★★
陵辱度   5 ★★★★★
異種姦度  5 ★★★★★
触手度   3 ★★★☆☆
おすすめ度 5 ★★★★★
 黎明記シリーズで1、2を争う作品になるでしょう

神楽黎明記 ~小春の章~

神楽黎明記 ~小春の章~(でぼの巣製作所)
何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG
●秋月 小春 (CV:姫川あいり)