神楽黎明記 ~弥生の章~ (でぼの巣製作所) 体験版・レビュー・感想

2019年7月18日

体験版ダウンロード&ムービー

立派な退魔士になるべく日々精進している”葛城弥生”。

そんな彼女に初の仕事の依頼が舞い込んでくる。
『村近くの山に闇夜に怪しい光を放つ巨大な何かが来てから
妖怪が活発的に活動し始めて安心して暮らすことが出来ない、
正体不明の巨大な何かの調査および退治をして欲しい』

弥生は現地に赴き怪異の原因を探るべく調査を開始するのだった。

神楽黎明記シリーズの最新作の体験版です。
今回は、神楽幻想譚から弥生の参戦です。個人的には、何かとバランスがとれていて、万人受けするキャラなのではないかと思っています。とりあえずいえることは、かわいいということ。
神楽シリーズにはめずらしく巫女服ではなくて和服というところがいつもと違うところです。巫女服は巫女服でいいのですが、和服は和服でいいものです。

ゲームの内容としては、いつもと同じです。ローグ型のRPGで、敵の妖怪に負けてしまうと陵辱シーンになります。妖怪は9種類で、すべての妖怪にエロシーンが用意されています。そして、1回目と2回目以降でCGとテキストが変わります。CGは相変わらずきれいですし、今回もコストパフォーマンスの高いゲームになることでしょう。

肝心のエロシーンですが、体験版の範囲だけでも触手系が3種類も! 個人的にはうれしい限りです。それで打ち止めかもしれませんが、それでも最低限の触手系は確保されているといってよいでしょう。
展開としては、快楽に流されまいとがんばるも結局は流されてしまうというパターンが多そうな印象でした。体験版ではその前段階で、2回目はどうなるのかなと楽しみになるものが多かったです。続きが楽しみでなりません。

難易度もいつも通り普通だと思います。難易度設定があるので、好きな難易度を選べばよいと思います。ボス攻略もレベル上げと仲間を増やすことをきちんとやれば問題ないかと思います。

総合的には、今回も期待できると思います。ヒロインに偏りがない分、多くの人におすすめできるゲームになるのではないでしょうか。

良いところ
ヒロインがかわいい
CGがきれい

気になるところ
ストーリー性に乏しい

ゲーム性  5 ★★★★★
ストーリー 1 ★☆☆☆☆
CG    5 ★★★★★
陵辱度   5 ★★★★★
異種姦度  5 ★★★★★
触手度   5 ★★★★★
おすすめ度 5 ★★★★★

神楽黎明記 ~弥生の章~

神楽黎明記 ~弥生の章~(でぼの巣製作所)
何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG